栃木県下都賀郡 野木町 木村内科循環器科医院 糖尿病 血糖値 肥満

糖尿病

糖尿病について

糖尿病は、なんらかの原因でブドウ糖(血糖)を上手に細胞に取り込めなくなり、血液中のブドウ糖が増えてだぶついてしまう病気です。
血液中のブドウ糖濃度が慢性的に高くなると、全身の臓器に悪い影響が及んできます。
糖尿病は、大きく「1型」と「2型」の2種類に分けられます。

1型糖尿病

インスリンを産生する膵臓の細胞(膵β細胞)が、ある時から壊れていき、インスリンが分泌されなくなってしまう病気です。
原因ははっきりとはわかっていませんが、その多くが免疫系の異常により自らの細胞が攻撃される「自己免疫」によるものと考えられています。
1型糖尿病では、血糖を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極度に低下するか、ほとんど分泌されなくなるため、血中の糖が異常に増加し、重篤な症状を引き起こしかねません。

1型糖尿病の治療

1型糖尿病の治療は、もっぱらインスリンを適切に補充することです。

2型糖尿病

生活習慣による影響が強く、日本人に最も多いタイプの糖尿病です。加齢や遺伝的要因のほか、食べ過ぎや運動不足、肥満、ストレスなどが要因とされています。日本の糖尿病患者さんの95%以上は、2型糖尿病です。
以下では、糖尿病患者の大半を占める「2型糖尿病」についてご説明し、最後に「妊娠糖尿病」についても触れておきます。

糖尿病(2型)とは

糖尿病とは、体を動かすエネルギー源であるブドウ糖を細胞が取り込めなくなって、血液中に糖が溢れてしまう病気です。
健康な人なら、インスリンというホルモンがしっかり働き、血液中のブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギー源にしたり、あるいは脂肪やグリコーゲンという物質に変えて肝臓や筋肉に蓄えたりします。このインスリンが足りなくなったり、足りていてもうまく細胞に作用しなくなったりした状態が糖尿病(耐糖能異常)なのです。重度の糖尿病になってしまうと、それを完治させることは難しくなってきますので、早めの治療が大切です。

糖尿病(2型)の治療

糖尿病は現在のところ、完治させることはできません。ただ、糖尿病そのものは治せなくても、血糖値を正常に保ち、糖尿病による合併症(目、神経、腎臓の合併症)を起こさずに健康を維持することは十分に可能です。
そして血糖値を正常に保つ上で重要になるのが、継続的な“コントロール”です。医師の指導のもと、まずは食事療法と運動療法を行います。これだけで正常値になる患者様もいらっしゃいます。糖尿病が進行したケースだったり、食事・運動療法だけでは血糖値がうまく下がらなかったりするような場合には、薬物療法やインスリン療法を行うことになります。

こんな症状は受診をお勧めします

  • 健診等で血糖値の異常を指摘された
  • このごろ目立って太ってきた
  • よく食べているのに痩せる
  • ひどくのどが渇く
  • いくらでも食べられる
  • 尿の回数が多く、量も多い。
  • 尿の臭いが気になる
  • 下腹部が痒い
  • 手足が痺れる
  • 視力が落ちてきた
  • 急に甘いものがほしくなる
  • やけどやけがの痛みを感じない
  • いつも残尿感がある
  • 足がむくむ

糖尿病の三大合併症

糖尿病をきちんとコントロールしないと、血液中に溢れたブドウ糖が血管にダメージを与え、いろいろな合併症を招くようになってきます。
合併症というのは、ある病気が元になって起こってくる、別の病気や症状のことです。糖尿病の合併症には、糖尿病性網膜症や糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症などがあり、この3つを合わせて「糖尿病の三大合併症」と称します。

糖尿病性網膜症(目の合併症)

目の内側には、網膜(もうまく)という膜状の組織があり、光や色を感じる神経細胞が敷きつめられています。高血糖の状態が長く続くと、ここに張り巡らされた血管が動脈硬化による損傷を受け、視力が弱まります。進行してしまうと出血や網膜剥離を引き起こしたり、なかには失明に至ったりするケースもあります。また、白内障になる人も多いと言われます。
糖尿病網膜症は、かなり進行するまで自覚症状が無いことも多いので、「まだちゃんと見えているから大丈夫」といった自己判断は禁物です。糖尿病の人は、目に特別な異常を感じていなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査などを受ける必要があります。

糖尿病性神経障害

主に足や手の末梢神経が障害されます。その症状の出方はさまざまで、「手足の痺れ」「やけどやけがの痛みに気づかない」などです。そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、ED(勃起不全)など、さまざまな自律神経障害の症状が現れます。

糖尿病性腎症

血液を濾過(ろか)して尿を作る腎臓の糸球体(しきゅうたい)という部分の毛細血管が悪くなり、だんだんと尿がつくれなくなってきます。やがては人工透析と言って、機械で血液の不要な成分を濾過し、人工的に尿をつくらなければならなくなったりします。週に2~3回、定期的に専門の医療機関で透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響が及びます。現在、人工透析になる原因の第1位がこの糖尿病腎症です。

妊娠糖尿病

妊娠中に血糖値が高くなったり、初めて血糖値が高い状態が発見されたりした場合を妊娠糖尿病と言います。

妊娠糖尿病の原因

妊娠時には、胎盤で血糖値を上げやすいホルモン(インスリン拮抗ホルモン)が産生されます。そのため、妊娠中期以後にインスリンが効きにくい状態になり(インスリン抵抗性)、血糖値が上昇しやすくなります。
正常の妊婦さんでは、インスリン抵抗性になる時期には、膵臓から多くのインスリンを分泌して血糖値を上げないように調節します。しかし、必要なだけのインスリンを分泌することができない体質の妊婦さんでは、血糖値が上昇します。
下記のような場合には、血糖値が上昇しやすいと言われています。

  • 体重が重い
  • 両親や兄弟姉妹に糖尿病がある
  • 尿糖陽性
  • 先天奇形や巨大児の出産歴がある
  • 流産や早産歴がある
  • 35歳以上

また、妊娠中に検査をして、血糖値が高いことが初めてわかることもあります。特にインスリン抵抗性の無い時期(妊娠初期)に判明した場合には、妊娠前から血糖値が高かった可能性が強いと考えられます。

妊娠糖尿病の症状

妊娠中に血糖値が高い場合には、母体だけでなく、胎児にもさまざまな影響が出てきます。母体では早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症が、胎児には巨大児、新生児の低血糖が起きやすく、子宮内で胎児が死亡することもあります。
さらに、妊娠前から血糖値が高かった可能性の強い場合には、流産しやすく、また生まれてきた子どもが先天奇形を合併していることもあります。

妊娠糖尿病の検査と診断

妊娠糖尿病のスクリーニング(ふるい分け)は、妊娠初期から開始します。食前、食後を問わずに測定した随時血糖値が100mg/dL以上、または妊娠中に血糖値が上昇しやすい体質がある場合には、75gブドウ糖負荷試験を行い、結果が異常であった場合には、治療を開始します。
異常が無い場合には、妊娠中期に随時血糖値を再度測定して100mg/dL以上の場合、または50gGCT(グルコース・チャレンジ・テスト)で1時間値が140mg/dL以上の場合には、ブドウ糖負荷試験を行います。
妊娠糖尿病は75gブドウ糖負荷試験の結果、負荷前100mg/dL以上、負荷後1時間180mg/dL以上、負荷後2時間150mg/dL以上のうち、いずれか2点を満たした場合にその診断がつけられます。

妊娠糖尿病の治療法

治療は食事療法から開始しますが、血糖値が非常に高い時にはインスリン療法が必要です。出産後に血糖値は改善することが多いのですが、妊娠前から血糖値が高かったと考えられる妊婦さんでは、分娩後も治療を続けます。
妊娠中に血糖値が高くなった女性は、将来的に糖尿病になりやすいので、出産後も時々血糖値を測定し、高血糖の早期発見・早期治療を心がけます。
また、日頃から血糖値が高めの女性は、妊娠前に血糖値を測定し、高かった場合には治療を行い、改善してから妊娠するのが、生まれてくる赤ちゃんのためにも好適です。

診療カレンダー

8月
30310102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930310102
9月
27282930310102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 休診日
  • 土曜午後(14:30-17:00)
  • 午前休診
  • 午後休診
  • 診療時間変更

私の医師としての歩みと診療に対する思い

当院のロゴマークについて

越谷市立病院わくわくICLSコース

初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

院内の様子をご覧いただけます